FC2ブログ

響鬼 迫るオロチ

明日夢くんはヒビキに初めて
「明日夢」と名前で呼ばれて嬉しくてその余韻に浸ってます。
ひとみちゃんとの会話も弾みます。
放課後はあきらちゃんと喫茶店デート。
話の内容はヒビキの弟子になるのかと、シリアスだけど。

郁子ママ再登場。
明日夢くんは自分の将来の事をどう思っているのか聞きます。
「やりたいことをすればいい」と。
「考える前に行動するようになりなさい」と助言します。
母の励ましを胸にヒビキを尋ねて、たちばなへ。
ランニングに出かけていて会えず。
見つけたと思ったら桐矢くんが弟子志願。
今度は明日夢くんが
「もし僕がヒビキさんの弟子になりたいって言ったら」
と尋ねますが、答えは
「少年は少年のままでいいんだよ」だった。

森の中でマカモウと戦っているトドロッキー。
そこにヒビキとイブキも到着し対戦するも苦戦する。
ヒビキはアームド響鬼になり音撃を仕掛けるも
効かず一旦、退散すると判断したらしい。

たちばなに戻った3人で対策会議。
イブキはあきらちゃんの事が気がかりで落ち込んでます。
ヒビキも明日夢くんと桐矢くんから弟子に志願され困っていると話します。
「弟子を取らないのは自分が未熟者だから」と弱気な発言。
そんな事を言っていたら若くして師匠になったイブキの立場は?
イブキは苛立ちを隠せず
「弟子を育てることも、鬼として大切な仕事だと思うんです。
弟子を取って深く関わっていくのが怖いんじゃないですか?」と。

迷いの森を前にしてのザンキさん、トドロッキーの会話。
トドロッキーの「一人でも大丈夫ッス」に対して
ザンキさん
「別にお前を心配しているわけじゃない。
俺はただ、猛士の一員として仕事がしたいんだ」

師匠ではなくて仲間として一歩引いた関係になってますね。
でも、心配になりそうな言動がありましたよね。

桐矢くんはヒビキに弟子入りを断られ、
イブキには「この際あなたでも構わない」
「結果的にヒビキさんを乗り越えられればイイんだ」なんて
無茶なお願い。
「いい加減なことは言うもんじゃない」
弟子になる理由がそんな事じゃ断るに決まっている。
それなのにトドロッキーったら…

「弟子にして下さい 先生!!」
先生という言葉の響きに妄想がスイッチオン!
ザンキさんの咳払いで我に返るんだから。
まだまた、独り立ちは無理のようです。
妄想を止められるのはザンキさんしかいません!

断り続けた弟子入り先を最終的にあきらちゃんに変更な桐矢くん。
断ると思ったけど、「私で良かったら力になります」なんて
さらに明日夢くんまでも受け入れます。
自分も弟子を取れば、答えが見つかると思ったのかな?
本当に鬼になりたいのか。

一方、迷いの森では鬼さん達がピンチです。
ヒビキはマカモウ・コダマと対戦中。
イブキには触手が絡みつき身動きが取れなくなる。
そこへあきらちゃんと明日夢くんと桐矢くんが到着する。
ヒビキとイブキは「来るな」と引き止める。



あきらちゃんは魔笛を取り出すと走りながら、
それを額に当て駆け寄っていく。
ついに、体が鬼へと変化を遂げる。

あきら王子はイブキ姫(苦笑)を救い出す事は出来るのか!!
どうなるのぉ!
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック